YUJIMANの部屋

FOLIKANのリーダーであり、ジェンベ、バラフォン、ギター等を奏でつつ音の旅を続ける音楽家、ユウジマン日々の作文。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

夢旅ーオランダ・ユトレヒト 

はい!てなわけでアフリカはオシマイ!



まあ、サンバララからコナキリの合宿所に戻って一週間程ソロ先生から手ほどきを受け、アタクシは一足先に黒くてカラフルで埃っぽくてスパイシーで元気な国ギニアを出国したわけす。
コナキリ空港は綺麗にはなってるものの、中の人間はあんまり変わらず、なんかを通過するたび金を要求してくる。まあ金ないし、適当にあしらうんだけど、しまいには荷物検査でオバちゃん職員にチュッパチャプスを取り上げられ、早速くわえてやがった。腹立つわ〜!そげんことするけん、アフリカのイメージが悪くなるったい!


今回は少ないお金をなんとかやりくりしての旅だったもんで、ギニア出国の際の所持金は日本円で2万円少々〜!
さてこのお金で後4日間のヨーロッパ滞在が待っていたのでした〜。








ユトレヒト。初めての街なのに、なんか馴染み深い街並み、なんでだろ?前世で住んでたか?といっ時考えた後でわかった。



九州は長崎
ハウステンボスにある塔じゃん!
ちゃんぽん大盛りいっちょー!





コナキリ空港を夜8時頃飛び立ち、八時間のフライトでまずパリは早朝のドゴール空港に降り立つ。そこからオランダ行きの安いバスを探し、電車3つ乗り継いでバス停のある駅に到着。そこから12時間かけてアムステルダムに着き、そこからまた電車乗り継いで1時間離れた街ユトレヒトに着き、後は23kgの荷物を引きずりながら予約してる宿を探す。
とにかく訪ね、動き、歩き続けた。
まあ旅というのは、なにかと集中して歩き続けるものだが、その度に思い出したのは、旅出る前、1日10kmサトウキビを拾い歩き続けた奄美での3ヶ月だった。あれがなくていきなり旅したらへばってただろう。おかげでどんなに歩いても休憩とか思わずすんだ。




ドミトリーに着いた頃はもう暗くなっていた。最後の力を使って急な階段を這い上がり、四人部屋のベッドに倒れ込んでそのまま死んだように寝た。







一月前はアムステルダムに3泊して満喫したのだが、アムスは観光客がごった返してて落ち着かないんで、帰りは知らない街で過ごそうということで、ここユトレヒトの宿をとった。
すでに移動費と宿代払ってあと残り5000円位で3日をサバイブする。
まずはスーパーに行き、3日間のパン、ハム、チーズ、サラダ、水等を買い込み、これでOK!だいたい現代人は食い過ぎなんよっとかブツブツ言いながら。


スーパーひとつにしても、人の意識の高さを感じる。材料はしっかり明記され、怪しい添加物ものは周りに見当たらない。あったらヒンシュク買うような空気。何が添加されてるかもわからないで商品を手にしてる人はいなさそうだ。



よく散歩した公園
木を見上げ、何かを思う像に自分を重ねたり

相変わらずオランダの自転車はかっこいい。これは竹のフレーム。しゃれとんしゃ〜!


この船はカフェ。別のカフェで知り合った人に教えてもらった。
中はこうなってます。しゃれとらす!





海外に行くと大体泊まるのが共同部屋のドミトリー。まあプライベートはないものの世界中からいろんな人達が集っていて面白いんで、金ないし、そっち優先。
ユトレヒトとかあんまり日本人の旅人はいないらしく、いてもシャイであんまりコミュニケーションはないとか。韓国人や中国人のほうがよくしゃべる。ってドミトリーのオーナーは言ってた。
まあそーですよねー、アタクシ達は島国ですしー、ずっと鎖国してたしー、もともと肉とかあんまり食べない人達でおとなしいんすよー、英語もほぼ全員何年も勉強してるけどー。


と劣等感を感じイジイジしがちですが、

今回の旅で特に多かったのが、
ちょっと英語喋れるとわかったとたん
「ジツハ ワタシハ オタク デース!」
と堰を切ったように日本のアニメや映画、食について、こんだけ詳しいんだぞー!と話し出す場面。


ワタクシ幼少の頃からそんなにアニメやゲームにはまったことがないもんで、
その場面はツライ時間となるわけですが。
情報はやはり偏ってたりねじ曲がってたりするんで、飯の話しに関しては、そんな変なラーメン俺らは食わんぞ!と突っ込みたくなるけど、嬉しそうに話してるしーみたいな場面とか。





YUJiMAN
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2015/05/30 Sat. 09:06    TB: 0    CM: 0

この記事に対するコメント:

コメントの投稿

Secret

トラックバック:

トラックバック URL
→http://afroyuji.blog.fc2.com/tb.php/163-96fb5d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。