YUJIMANの部屋

FOLIKANのリーダーであり、ジェンベ、バラフォン、ギター等を奏でつつ音の旅を続ける音楽家、ユウジマン日々の作文。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

土着な宇宙セッション 

いやぁ~、
YUJIMANの部屋@LANDSHIP7月、

やり散らかしましたぁ~!


子供の頃、よく母ちゃんに、
「こん子は散らかすのがシ・ゴ・ト!」
とあきれられてました。
けど、藤山親分はもっと散らかす子だったはずぅ~!


久しぶりの藤山さんとのセッション、

思い出しました。

熱いものを。


「とにかくやればいいんだよ!」

あまりたいした会話はしないんですが、
昔から彼の音にはそんなメッセージがいっぱい詰まっています。


大体YUJIMANの部屋のゲストに迎えるのも恐縮のお二人でしたが、
1stステージの僕の歌にも参加してくれて、
歌の世界がバーン!と広がった。

僕が12年前に藤山さんに出会った頃
すでに彼は日野皓正さんのバックを勤めたりする
日本JAZZ界を代表する若手のホープでした。

59.jpg

そして今回、日本を代表する若手ジャズギタリストのホープ、
西藤くんをお招き、

そうそう、
藤山さんは昔からいつも面白い若手ミュージシャンを見つけては
連れて旅してるんです。
今回気が付いたんだけど、
YUJIMANの部屋や個人のセッション活動も、
かなり藤山さんの影響からきてるのかもな~、と。

12年前、僕もウメちゃんも
情報も少なく、わけもわからず、
ただがむしゃらにジェンベ叩き、
藤山さんにただ付いて回ってた頃、
まさか将来ぼくの歌とギターに
これほど豪華な伴奏をしてもらえるとは
想像だにしなかったことです。

けど、たま~にこんな事が起こるから、
人生はやめられないんです。


あれ?しょっちゅうか!
ありがたや~。


西藤くんのギターも勿論テクニックは然ることながら、
自由で広くてとても良かった。
宮崎の人はある意味保守的な面も強いけど、
自然と仲良くしてまっすぐ行けば
どこまでも広がっていけるんだな~と、
彼の人柄やプレイを観て感じました。
ほんとシンプルでかっこいい男なんです。


結局3ステージガッツリ!
ランドシップの室内が
音の星たちで埋め尽くされ、
真空無重力状態になりました。


さんざん演って、飲んで食って
夜中みんなで海に浮かび、
星空を仰ぎ、水中には光る夜光虫。
ろまんてーっく!



来ていただいたみなさん、
ありがとうございました。
皆さんが楽しんでいるのを感じて、
僕らもらせん状に上がっていけるのです。

そしてランドシップ、
いつもありがとうございます。

LANDSHIP
We are on the same boat
LANDSHIP
We are on a big boat for love like the Noa's ark.
漕ぎ出せ。


次回は8/28
うまく事が進めば、
またこれがこれが、
いい夏祭りになると思います。





そ、そ、そして!

DVC00011.jpg

FOLIKAN 2nd ALBUM リリースパーティー!

7/23
open19:00 start20:00
@マンマミーア百道マリゾン
adv2000yen 1drink order
door 2500yen

afroyuji@hotmail.com
まで。

ギニアのジェンベ師匠ママディ・ケイタさんも来ますよ~。
前後にワークショップもあり!
詳しくはFOLKAN HP
http://folikan.com
まで。


いい夏にしましょ~ぉ!

YUJIMAN



スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/07/12 Tue. 14:27    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード