YUJIMANの部屋

FOLIKANのリーダーであり、ジェンベ、バラフォン、ギター等を奏でつつ音の旅を続ける音楽家、ユウジマン日々の作文。

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

西公園浴場 



いろんな旅や自分との戦いが一段落着いた時、
勝った時、負けた時、
男には必ず行く風呂がある。


西公園浴場。


15年程前、当時その頃の彼女が西公園の横のアパートを借り、オレッチもそこへ転がり込んだ時からお世話になっている銭湯。

日本中の温泉が無くなったとしても、ここが無くなったらとっても困るお風呂。

先に言っときますが、
皆さん是非足を運んでみて下さい。あんまり賑やかなのも困るけど、お客がチラホラなんで、いつも無くならないかと心配してます。



ではここで、
YUJIMAN流、「西公園浴場の入り方」を綴ってみましょう。

ここはホントに小さい銭湯ですが、
アタシにとってはデズニーランド的なファンタジーが詰まっているサンクチュアリなんどす。



1.いっとき怒涛の日々が続いて疲れています。

2.ドアを開けると自動的に鳥の声がします。
優しそうな旦那さんか、キュートな奥さんが迎えてくれます。
440円を払います。

3.脱衣し、体を流したらまず手前のぬるめジャグジー(1人サイズ)に入ります。
これでまず体をふやかし、

4.洗い場で体を丁寧に洗います。

5.次からが本番、
向こうの熱めコーナーにはジェットが二発、電気エリアが備わってますので、
まずはジェットへ。
ここでアタシはジェットを背面に使わず、向かい合って足裏ジェットをします。
ジェットが飛び散らないようには慣れが必要です。

6.けっこう粘って浸かった後、
隣の水風呂(1人サイズ)へ一回目のジャンプ。
ここで2.3分覚醒します。

7.満足したらゆっくり洗い場に戻り、じっくり髭剃り&歯磨き。

8.ちょっと体が冷えてきそうになりつつ、
今度は熱め電気風呂で腰と背中をマッサージ。

9.粘って熱くなったら、二度目の水風呂ジャンプ。
ここでまた2.3分アホになります。

10.そして最後のシメにぬるめジャグジー。
この頃には鼻から魂の白い煙が出たり入ったりします。

11.シャワーで水浴び、きれいな服に着替えて暖簾をくぐり
靴を履き、外へ出て、気持ちい風を感じながら月を眺めます。


あとはオプションですが、
近くの「二丁目ラーメン」で瓶ビールとラーメン餃子ご飯セットのディナーがお勧め。
※「ラーメンとご飯は後で」と一言付け加えてください。



西公園には神社があって、お風呂は入り口鳥居の横。
まあ街中のお風呂ですが、なぜか水が新鮮でキレイなんです。
子供には西公園に竜神様が見えるらしい。
水の神様と思っています。いつも優しくしてもらってます。



最近の僕の活動に顔を出してくれた皆さんありがとうございました。
いい日々が続きました。




西公園浴場
福岡県福岡市中央区西公園6-21
夜11時まで。火曜日休み


YUJIMAN
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/07/25 Mon. 22:45    TB: 0    CM: 3

土着な宇宙セッション 

いやぁ~、
YUJIMANの部屋@LANDSHIP7月、

やり散らかしましたぁ~!


子供の頃、よく母ちゃんに、
「こん子は散らかすのがシ・ゴ・ト!」
とあきれられてました。
けど、藤山親分はもっと散らかす子だったはずぅ~!


久しぶりの藤山さんとのセッション、

思い出しました。

熱いものを。


「とにかくやればいいんだよ!」

あまりたいした会話はしないんですが、
昔から彼の音にはそんなメッセージがいっぱい詰まっています。


大体YUJIMANの部屋のゲストに迎えるのも恐縮のお二人でしたが、
1stステージの僕の歌にも参加してくれて、
歌の世界がバーン!と広がった。

僕が12年前に藤山さんに出会った頃
すでに彼は日野皓正さんのバックを勤めたりする
日本JAZZ界を代表する若手のホープでした。

59.jpg

そして今回、日本を代表する若手ジャズギタリストのホープ、
西藤くんをお招き、

そうそう、
藤山さんは昔からいつも面白い若手ミュージシャンを見つけては
連れて旅してるんです。
今回気が付いたんだけど、
YUJIMANの部屋や個人のセッション活動も、
かなり藤山さんの影響からきてるのかもな~、と。

12年前、僕もウメちゃんも
情報も少なく、わけもわからず、
ただがむしゃらにジェンベ叩き、
藤山さんにただ付いて回ってた頃、
まさか将来ぼくの歌とギターに
これほど豪華な伴奏をしてもらえるとは
想像だにしなかったことです。

けど、たま~にこんな事が起こるから、
人生はやめられないんです。


あれ?しょっちゅうか!
ありがたや~。


西藤くんのギターも勿論テクニックは然ることながら、
自由で広くてとても良かった。
宮崎の人はある意味保守的な面も強いけど、
自然と仲良くしてまっすぐ行けば
どこまでも広がっていけるんだな~と、
彼の人柄やプレイを観て感じました。
ほんとシンプルでかっこいい男なんです。


結局3ステージガッツリ!
ランドシップの室内が
音の星たちで埋め尽くされ、
真空無重力状態になりました。


さんざん演って、飲んで食って
夜中みんなで海に浮かび、
星空を仰ぎ、水中には光る夜光虫。
ろまんてーっく!



来ていただいたみなさん、
ありがとうございました。
皆さんが楽しんでいるのを感じて、
僕らもらせん状に上がっていけるのです。

そしてランドシップ、
いつもありがとうございます。

LANDSHIP
We are on the same boat
LANDSHIP
We are on a big boat for love like the Noa's ark.
漕ぎ出せ。


次回は8/28
うまく事が進めば、
またこれがこれが、
いい夏祭りになると思います。





そ、そ、そして!

DVC00011.jpg

FOLIKAN 2nd ALBUM リリースパーティー!

7/23
open19:00 start20:00
@マンマミーア百道マリゾン
adv2000yen 1drink order
door 2500yen

afroyuji@hotmail.com
まで。

ギニアのジェンベ師匠ママディ・ケイタさんも来ますよ~。
前後にワークショップもあり!
詳しくはFOLKAN HP
http://folikan.com
まで。


いい夏にしましょ~ぉ!

YUJIMAN



カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/07/12 Tue. 14:27    TB: 0    CM: 0

とうとう登場とうやま親分! 



今日は久々のカラッ晴れっすね~!
空けそうで空けない梅雨、空けるのは結局やっぱり山笠が終わる頃なんだろね~。


あっという間の今週末、

YUJIMANの部屋7月

とうとうお迎えします!

アタシを音楽家へと導いた男。
フォリカンの基盤を創った男。
インパクト大の宇宙のジャズドラマーこと、
藤山ET英一郎~!

これまた僕と同郷宮崎出身、
NYで活躍する百戦錬磨の若きギタリスト、
西藤ヒロノブくんと二人でいらっしゃります。

7/10SUN
この日の日の入り19:31。
19:00スタート
予約¥2000
当日¥2500

LANDSHIP CAFE
福津市宮司浜4-5-17
0940520381


Profile
・藤山英一郎(とうやまえいいちろう)
1967年熊本県出身。1980年よりドラムを始め、故日野元彦氏に師事。1988年、都内を中心に活動を始める。国内外の有名ミュージシャンはもとより、日野皓正(tp)、マルウォルドロン(p)、ハンクジョーンズ(p)、ローランドハナ(p)、ギルコギンズ(p)、ロンカーター(b)、ジョ-ヘンダ-ソン(ts)など、数えきれないビッグアーテストとの共演でも知られる日本を代表するドラマー。海外ではニューヨーク、セネガル、フィリピン、香港などで公演する。現在は自己のバンドを中心に、アフリカンセッション、ETセッション、FANAWANA(オルガンユニット)、DRAGON KING(マムドゥ ジャバテとのユニット)で活動中。繊細で魅惑的、豪快で華のあるプレイは、観るもののハートを掴んで離さない。
http://e-tohyama.net/


・西藤ヒロノブ(さいとうひろのぶ)
宮崎県生まれ。大学卒業後、バークリー音楽大学へ奨学金を得て、1999年より渡米する。
2004年スペインのレーベル、フレッシュサウンドレコードより、日本人初のアーティストとしてCDデビュー。
これまでにアルバム3枚とシングル2枚を発表。
2004年より毎年、「Hironobu Saito Group」として、ブルーノートNYに出演。
最近では、2009年9月、世界3大ジャズフェスティバルの1つであるモントレージャズフェスティバルに自身のカルテットで出演。
アイバニーズギター(Ibanez Guitars)とエンドースメント契約し、2008年、西藤大信のオリジナルギターモデル「The Sea」が完成する。
ギターシンセを搭載したオリジナルブルーのギター(アイバニーズ社では初の国内セミアコギターモデ ルであり、また、初のラッカー塗装を試みた作品。)がアイバニーズ社(www.ibanez.com) より制作された。
2009年、アコースティックギターをYAMAHAと契約する。
2010年6月、4thアルバム「Reflection」を日本先行リリース。
http://www.hironobusaito.cc/index.html


もう超リスペクトな二人。
なかなか見れない世界の音。
お楽しみに~!



あ~、キレイな海で泳ぎたか~!
なんか青いジュースとかストローで飲みたか~!

YUJIMAN

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2011/07/05 Tue. 11:28    TB: 0    CM: 1

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。